ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 庄原キャンパス > 【生命システム科学専攻】 大学院生が三次青陵高校生と交流しました。

本文

【生命システム科学専攻】 大学院生が三次青陵高校生と交流しました。

印刷用ページを表示する 2020年8月25日更新

辰龙游戏登录官网2年8月21日(金曜日),生命システム科学専攻(庄原キャンパス)の大学院生6名が
広島県立三次青陵高校の3年生「総合研究Ⅱ」の中間報告会に参加し,
高校生が,これから研究を進めるに当たってのアドバイスを行いました。

昨年度から,地元?備北地区の三次青陵高校と本学大学院生が「総合研究」の授業を通じて交流することになり,
今回は,本学から6名の大学院生が参加しました。

各グループの発表を聞き,今後の研究の進め方について,アドバイスを送りました。

事前打合せの様子

 

200821-bio1

200821-bio2

発表聴講やアドバイスをしている様子

 

200821-bio3

各グループでの発表後,大学院生が自分の経験や興味をもとに,新たな視点を伝えます。

200821-bio4

生徒さんが院生を名前で呼びかけて質問する教室もあり,笑顔があふれていました。

200821-bio6

200821-bio4

ゴールを明確にして,細かく計画を立てて進めると良いよ,

3回の実験で平均を取ってみては?等,

理系ならではのアドバイスを優しく語りかけていました。

今後の交流について

新型コロナウィルス感染症対策を取りながら,

今回も,本学学生に貴重な機会をいただき,誠にありがとうございました。

三次青陵高校さんのFacebookでこの様子が伝えられています。

https://www.facebook.com/miyoshiseiryo/?fref=mentions