ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 広島キャンパス > 【健康科学科】本学学生が「広島湾七大海の幸レシピグランプリ」で全148作品の中から優勝作品に選ばれました!

本文

【健康科学科】本学学生が「広島湾七大海の幸レシピグランプリ」で全148作品の中から優勝作品に選ばれました!

 健康科学科3年生の緒方美友さんが,広島湾七大海の幸普及推進実行委員会主催の「広島湾七大海の幸レシピグランプリ」で優勝作品に選ばれました。

 「広島湾七大海の幸レシピグランプリ」とは,広島湾で獲れる代表的な魚介類「広島湾七大海の幸」(メバル,コイワシ,オニオコゼ,アサリ,クロダイ,カキ,アナゴ)を使った,家庭で簡単に調理でき,食べた人が笑顔になれるレシピを募集するものです。

 “おうちで食べる広島湾七大海の幸”をテーマに,作り方やオリジナリティ,盛り付け,ネーミング,おいしさの観点から審査が行われ,全148作品の中から,緒方さんが考案した『カキが梅ぇ!寿司』が優勝作品に選ばれました。

 緒方さんにレシピのこだわりのポイントを聞きました。

 カキに下味をつけて,味に深みをだしました。梅干しと大葉を混ぜ込むことで,あっさりと食べられます。ごまの風味と梅干しのカリカリとした食感がアクセントになっています。簡単に調理できるので,ご家庭でもぜひ作ってみて欲しいです。

カキが梅ぇ!寿司(レシピ)

 

今回の受賞を励みに,これからも頑張ってください。おめでとうございます。

 

カキが梅ぇ!寿司
賞状

経営情報学部
大学院 総合学術研究科