ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 保健福祉学部 > 【作業療法学科】3年生が対面授業でスプリントを作製しました

本文

【作業療法学科】3年生が対面授業でスプリントを作製しました

 9月末から後期の授業が始まり,一部で対面形式の授業を行えるようになりました。「身体障害治療学演習」を受講する作業療法学科3年生も,対面授業でスプリントの作製を体験しました。昨年まではおよそ30名の学生が授業を一度に受けていましたが,この日は16名の学生が登校しました。また,近隣の病院に勤務されている作業療法士の先生も授業に来られ,臨床現場に即した講義,演習をして下さいました。

前期はすべての授業でオンライン授業だったこともあり,学生からは「やっぱり対面授業で演習ができると,理解しやすい。」,「友達と学修ができるから,モチベーションが湧く。」といった声が挙がっていました。完成したスプリントは,学生が自身で作製した初めてのものとして,後日自宅に持ち帰ります。
スプリント作製の一場面
完成したスプリント