ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生物資源科学部 > 【地域資源開発学科】画期的な廃液の脱色法

本文

【地域資源開発学科】画期的な廃液の脱色法

印刷用ページを表示する 2020年9月11日更新

【地域資源開発学科】原田教授の研究が学術書籍として採択されました

本研究は,Current Perspectives to Environment and Climate Change (Vol. 4)に掲載されます。

Decolorization of Biologically Treated Effluents of Waste Molasses and Piggery Wastewater by Fenton Reaction

Hiroyuki Harada
Waste molasses was diluted to 10%, coagulated with 800 mg/L polyaluminum chloride, and then treated in an activated sludge sequence batch reactor with a total organic carbon (TOC) loading of 0.2 kg/kg per day. Sodium hypochlorite and 3 mmol of iron sulfate solution were added to the supernatant in a 1:1 molar ratio. As a result, the treated water had a chromaticity of 14. Biologically treated  livestock wastewater was treated in a continuous Fenton experiment for 6 h using hydrogen peroxide and iron powder. From an initial color loading of 653, the treated water was significantly decolorized to 84.

食品廃液や畜産廃液の脱色は、これまで有効な方法が確立されていませんでした。この学術書籍では、フェントン反応を利用した脱色方法についてまとめました。
chiiki_fig_harada_2

生物資源科学部の活動